最も注意すべき病気

beautiful

今回、フィラリア予防薬について考えていきたいのですが、その前に1度フィラリアという病について調べる必要があるでしょう。 フィラリアとは、蚊を介して心臓や肺動脈に寄生虫が寄生して発症される病気のことです。主には、犬や猫がかかる病気であるとされています。フィラリアが寄生することで、血液の流れが悪くなり、様々な障害が起こるとされています。最悪放置すれば死にいたることもあり、とても恐ろしい病気であると言われています。 フィラリアの感染としては、蚊がフィラリアに感染している動物の血を吸い、正常な動物へフィラリアの幼虫を運んでいることが原因です。感染している動物から、フィラリアの幼虫を含んだ血液を吸い、そして、正常な動物にその幼虫体内にいれてしまいます。 現在、フィラリアに感染した動物を治療する方法がないと言っても過言ではありません。そのため、予防が大切になってきます。そのために、フィラリア予防薬が必要となってくるのです。

では、フィラリア予防薬について考えていきましょう。 フィラリアは、予防を確実に行うことで、防ぐことのできる病気です。毎年、必ず定期的にフィラリア予防薬を摂取することが大切となってきます。予防のポイントとしては、2つあります。1つ目は、1ヶ月ごとに確実に薬を飲ませること。また、2つ目は、始める時期と終わらせる時期をしっかり守ることです。 フィラリア予防薬を打つことで、体内に幼虫が入ってきても、皮膚の下で成長を終わらせることができ、動物に影響はでません。確実にフィラリア金を全滅させるために、1ヶ月の期間が定められています。 みなさんも、毎月1日や、10日などわかりやすい日、覚えやすい日を目安に自分のペットのために病院へフィラリア予防薬を打ちに行くことをオススメします。